嵐の中 自ずと望んだこの場所に 涙と雨の祝福を

2004/06/21

【何もしない人ほど批評家になる】

Messengerでチャット中に教えてもらった「何もしない人ほど批評家になる」というページを読んでドキリとしました.俺も割といろんなモノの粗が見えてきてそれを指摘したり,自分の方が優れている事を(言葉にしないながらも)アピールしたりしてしまうのですが,これは劣等意識から来るものだそうな.ああ,なるほどと納得.もっと心を広く持たないと行く先々で受け入れられないまま独りで居ることを繰り返すだけになりそうなので気を付けたい.

あと「あなたの批評家テスト」は7点だったのですが,「人の話題は、いつも自分の話題に切り替わる。」の項目がズバリで,自分語りの癖は劣等感の表れなんだ!と目から鱗です.

【時が過ぎ 全てが遠い想い出になんて 今は分からない】

昨日,部屋のCD棚の整理をしてたらISISのアルバム「ごちゃまぜの恋」が出てきて,あまりの懐かしさに半日くらいずっと聴いてました.デビューした当初はこれはスゲエ!と思ったのだけどもうあれから8年も経ってるんですね.時の流れは早いです.

EPICが初の7枚契約を!という事で話題になったバンドも1枚目のアルバム発売後に発起人でコンポーザーでギタリストの後藤孝顕が脱退し,あとはずるずると下降線というのが残念な感じでした.今聴いても勢い溢れるエロいミクスチャーロックぶりが格好良く,まだまだ聴けます.ボーカルの村部淳一は2001年以降消息不明なのですが,まだ音楽に関わっているんでしょうか.ぜひそうあって欲しいものです.

♪今日のBGM:ISIS「ごちゃまぜの恋」(EPIC/SONY RECORDS)